まさえです♪

masaedesu.exblog.jp ブログトップ

未来への種蒔き、福祉授業

 時々テスと小学校へお邪魔することがあります。総合学習の時間で視覚障害者の生活や盲導犬についてのお話をします。また、国語の教科書の中で点字やユニバーサルデザインが採り上げられているので、身の回りの点字や点字楽譜のお話をすることもあります。
 話すテーマは、先生が生徒さん達に何を1番伝えたいかをうかがって決めます。先日珍しく2日連続で別の学校に行ってきました。

 1日目の4年生では主に人間主体。点字の本を見せたり触読時計を見せたり、どうやってピアノを勉強しているかなどを説明しました。
ピアノがある教室だったのでみんなにピアノの周りに集まってもらい、1曲演奏しました。見えない人がどうやってピアノを弾くんだろう?みんな興味津々で、ある生徒さんは演奏中にいろいろな角度から見ていたそうです。

 2日目の3年生では犬が主体。盲導犬の仕事をデモンストレーションを交えて説明しました。
休憩時間ではみんな集まってきて質問攻め。テスはアイメイトなりたての頃子供達に囲まれて震えてましたが、4年経つと落ち着いたものです。

 どちらの学校でも、最後は「となりのトトロ」を私の伴奏で歌って終了でした。2日目は電子ピアノでしたが、どちらの生徒さんも大声で歌ってくれました。
大勢の子供の元気な声に囲まれると、こちらも元気をもらえます。この幸せを味わいたくて、最近ではこちらからリクエストするぐらいです。

 他のアイメイト使用者さん達もそれぞれの個性を発揮して学校でのお話をされています。当事者の話を直接聞くことはとてもよい経験になると思います。
様々な障害を持つ人のお話、お年寄りのお話、外国人のお話…。商店街のお肉屋さんやお魚屋さん、工場や会社で働いているお父さんのお話でも、自分達の知らないことは興味を持って聞いてくれるはずです。
いろいろなお話を聞いて肥やしにして、すてきな花を咲かせてもらいたいですね。

 授業後に先生から、いつもは落ち着きのない生徒が目を見開いてピアノを聞いていた、とうかがうこともあります。それを聞くと来たかいがあったとうれしくなります。
 最近はゲームでもずっとデジタル音楽が流れていて、耳が鈍感になっているかもと心配になります。見えないのにピアノが弾ける、というパフォーマンスだけでなく、そういった面からも生の音楽を聞いてもらいたく、もっと学校に呼んでいただきたいなあと思います。
[PR]
by k-masaedesu | 2013-02-14 23:30 | 音楽 | Comments(0)

アイメイト(盲導犬)と暮らしています。アイメイトや音楽を通して思うこと、時々行うピアノコンサートのお知らせを書いていきます♪


by k-masaedesu
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30