まさえです♪

masaedesu.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:音楽( 16 )

東京パイロットクラブ主催第30回アイメイトチャリティーコンサートのお知らせ

芸術の秋、10月の東京パイロットクラブ主催のアイメイトチャリティーコンサートに出演させていただきます。
オペラ歌手、ヴァイオリニスト、俳優さんに女優さん、アイメイトユーザーも出演する盛りだくさんのプログラムです。
私はショパンの「華麗なる大円舞曲」、「夜想曲第2番」を演奏します。
クラシック好きな方はもちろん、そうでない方も楽しめるコンサートですので、ぜひいらしてください。よろしくお願いします♪

日時:2013年10月12日 土曜日 開場12時30分 開演13時
場所:サントリーホール ブルーローズ(小ホール)
入場料:5,000円(全自由席)

詳しくはアイメイト協会のブログを読んでください。

第30回アイメイトチャリティーコンサートのお知らせ アイメイト協会公式ブログ
[PR]
by k-masaedesu | 2013-09-08 22:21 | 音楽 | Comments(4)

電子ピアノのハーモニー

 今日は以前にもうかがったデイケア施設でコンサートをさせていただきました。演奏とお話で1時間、主にアイメイト自慢ですが、皆さんと楽しいひとときを過ごさせてもらいました。
 私のプログラムは耳なじみのあるようなクラシックや映画音楽、日本の唱歌や童謡、歌謡曲等です。今日もクラシックを1曲弾き、アイルランド民謡の「ロンドンデリーの歌」を弾き始めた時にハプニングが起こりました。

 演奏中、テスは私のそばでふせています。単独のコンサートの時は長い間ふせさせるので、敷物を敷くこともあります。今日は電子ピアノだったので、電子ピアノの隣に敷物を敷いてふせさせていました。
 おとなしく寝ていたテスですが、「ロンドンデリーの歌」を弾き始めたとたん立ち上がり、電子ピアノの下、私の足元の辺りを落ち着きなくウロウロ。一度始めた演奏は止められませんから、私は集中力をそがれないよう必死で弾き続けます。そのうちひざの上に頭を乗せる始末。演奏中ありえないことです!
 無視して平常心を装って弾き続けていると、やがて敷物に戻ってまたクークー。な、な、なんだったんだろ、今のは!?頭の中は疑問符と恥ずかしさ。

 後で落ち着いて考えてみました。犬は音に敏感です。テスにとって電子ピアノの和音は不協和音なのかな?先代のナイルもそうでしたが、あまり上手ではないバイオリンの微妙な和音を聞くと落ち着きなく寝返りをうちます。上手な演奏ではそんなことはありません。
 「ロンドンデリーの歌」は民謡なのでもともとピアノ曲ではありません。今回のピアノ用に編曲したものは、右手も左手もほとんど和音でゆったりと進行していきます。
ピアノで練習している時はきれいな響きだなって思ってましたが、電子ピアノで弾くとピアノの響きとは違います。テスはそこのところが不満だったのでしょうか、最後は私に訴えにきましたが聞き入れてもらえず、あきらめて寝た、ということかも知れません。

 演奏中ウロウロしたのは初めてで、おとなしいと自慢していたテスなのに恥ずかしかったです。でも演奏後すぐにそれを笑いのネタにできてよかった、と最近は図太くなりました(笑)。
テスの行動にいつも新たな発見をしています。
[PR]
by k-masaedesu | 2013-04-12 17:59 | 音楽 | Comments(0)

進化する楽譜

 毎年この時期にみなとみらいホールでアイメイト・チャリティー・コンサートが行われます。
ちなみにアイメイトとは、東京都練馬区のアイメイト協会出身の盲導犬の愛称かつブランド名です。アイは私(I)・愛・目(EYE)、メイトは仲間、「私の愛する目の仲間」というわけです。

 今年の出演者は古武道。尺八とチェロとピアノのユニットです。それぞれ個々でも活躍されてらっしゃる方達がトリオを組むと迫力がありますね。ラフマニノフのピアノ協奏曲まで編曲して演奏されていたのには驚きました。いろいろ感想を書きたいのですが今回は違う話題です。
 一緒に行った人が別のことで驚いていました。3人の譜面台には楽譜ではなく、なんとiPadのようなタブレット端末がたてかけてあったそうです。これだけなら重たい楽譜を持ち歩かなくていいし、譜めくり担当の人も不要だし、便利な時代になりましたねぇ。
 その後はみんなで譜めくりはどうしてたんだろうとあれこれ考えていました。時間?でもずれたらまずいよね…。舞台そでから無線で遠隔操作?でもそれらしき人はいなかったそうだし…。

 しばらく謎のままでしたが、ネット検索してくれた人のおかげで解決しました!
演奏しながら譜めくりができるiPad用電子楽譜ビューアアプリ「piaScore HD」 iPhone Express

 首を傾けるとカメラが読み取ってページ送りができるアプリですって。この他にもフットスイッチで譜めくりができるものもあるそうです。全く、時代が変わりましたねぇ。
 でも私には無縁です。点字楽譜を触りながらピアノ演奏は不可能なので覚えるしかありませんからね。いつまでもアナログ人間ですが、壊れる心配しなくていいのが強みです!
[PR]
by k-masaedesu | 2013-03-20 19:23 | 音楽 | Comments(0)

未来への種蒔き、福祉授業

 時々テスと小学校へお邪魔することがあります。総合学習の時間で視覚障害者の生活や盲導犬についてのお話をします。また、国語の教科書の中で点字やユニバーサルデザインが採り上げられているので、身の回りの点字や点字楽譜のお話をすることもあります。
 話すテーマは、先生が生徒さん達に何を1番伝えたいかをうかがって決めます。先日珍しく2日連続で別の学校に行ってきました。

 1日目の4年生では主に人間主体。点字の本を見せたり触読時計を見せたり、どうやってピアノを勉強しているかなどを説明しました。
ピアノがある教室だったのでみんなにピアノの周りに集まってもらい、1曲演奏しました。見えない人がどうやってピアノを弾くんだろう?みんな興味津々で、ある生徒さんは演奏中にいろいろな角度から見ていたそうです。

 2日目の3年生では犬が主体。盲導犬の仕事をデモンストレーションを交えて説明しました。
休憩時間ではみんな集まってきて質問攻め。テスはアイメイトなりたての頃子供達に囲まれて震えてましたが、4年経つと落ち着いたものです。

 どちらの学校でも、最後は「となりのトトロ」を私の伴奏で歌って終了でした。2日目は電子ピアノでしたが、どちらの生徒さんも大声で歌ってくれました。
大勢の子供の元気な声に囲まれると、こちらも元気をもらえます。この幸せを味わいたくて、最近ではこちらからリクエストするぐらいです。

 他のアイメイト使用者さん達もそれぞれの個性を発揮して学校でのお話をされています。当事者の話を直接聞くことはとてもよい経験になると思います。
様々な障害を持つ人のお話、お年寄りのお話、外国人のお話…。商店街のお肉屋さんやお魚屋さん、工場や会社で働いているお父さんのお話でも、自分達の知らないことは興味を持って聞いてくれるはずです。
いろいろなお話を聞いて肥やしにして、すてきな花を咲かせてもらいたいですね。

 授業後に先生から、いつもは落ち着きのない生徒が目を見開いてピアノを聞いていた、とうかがうこともあります。それを聞くと来たかいがあったとうれしくなります。
 最近はゲームでもずっとデジタル音楽が流れていて、耳が鈍感になっているかもと心配になります。見えないのにピアノが弾ける、というパフォーマンスだけでなく、そういった面からも生の音楽を聞いてもらいたく、もっと学校に呼んでいただきたいなあと思います。
[PR]
by k-masaedesu | 2013-02-14 23:30 | 音楽 | Comments(0)

犬も音楽が分かるみたい

 先日のコンサートの時にお話した話題です。
 最近、犬も音楽がわかるんだな、と思いはじめました。そのいきさつを書きます。
 私のパートナー、アイメイトのテスはいびきがとても大きいんです。クラシックのコンサートでは目立つので気をつかいますが、先日ある曲になったとたんにピタリといびきが止まりました。
 その曲は、最近家でよくCDを流していたラフマニノフのピアノ協奏曲第2番。それまで寝ていたテスが、「聞いたことあるなあ」と目を覚まして聞いている感じでした。
 そんなことがあった後、初代パートナーのナイルが悪性腫瘍のために時々痛みにふるえていると聞き、ピアノ曲のCDを贈りました。犬も音楽が分かるなら、これを聞いて少しでも痛みが和らいでくれればいいなと思ったからです。
 自己満足とは思いましたが、かつて一緒にステージに上がって演奏した曲を中心に心休まるものを選びました。「悲愴ソナタ」の第2楽章やショパンの「ノクターン」、私の好きなフィンランド物では、シベリウスの「樅の木」やパルムグレンの「星はまたたく」等々。
 ナイルのお宅では、わざわざリビング用にプレイヤーを購入してくださったそうです。CDを流すと反応して、終わると頭をもたげて、まるで「もう1回」と催促しているようだったといいます。
 ある時はプレイヤーの方に頭を向けて寝ていたとのこと、自力で体勢を変えるのが難しくなった彼女のこの行動は驚くべきことだったみたいです。
 ナイルの最後にピアノの音色を聞かせて安眠できたのか、よかったか悪かったかは分かりませんが、私のせいでピアノの影響を大きく受けていたことは確かですね。
 今はピアノを弾いているそばにテスがいます。美しい音色と響きにテスがリラックスできるよう、これからもがんばって練習していきます。
[PR]
by k-masaedesu | 2012-12-28 00:04 | 音楽 | Comments(0)

12月9日コンサートのお礼

 12月9日埼玉県狭山市にて、さやまのペンギン村しゃべりばサロンクリスマスコンサートをさせていただきました。寒い中いらしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。
 アットホームな雰囲気で、楽しくコンサートができました。今回アイメイト募金箱を置いていただきましたが、予想以上に集まったそうで大変感謝しています。
 今ちょうど先代アイメイトのナイルが病気なので、リタイア犬のお話もさせていただきました。後でリタイア犬を引き取りたいと申し出てくださった方がいましたが、ぜひとも協会へご一報願います!

 プログラム最後の弾き語りは始めての経験でした。コンサート1週間前にナイルの最後が近いことを聞き、ぜひとも皆さんに盲導犬使用者がどんな気持ちでアイメイトを思っているか、聴いてほしく曲を変更しました。
 未熟な出来でお恥ずかしい…、どうぞ作者である加藤紫乃さんの声で、オリジナルを聴いてください♪

 「L'azure」 加藤紫乃作詞・作曲


[PR]
by k-masaedesu | 2012-12-13 22:23 | 音楽 | Comments(0)

アイメイト(盲導犬)と暮らしています。アイメイトや音楽を通して思うこと、時々行うピアノコンサートのお知らせを書いていきます♪


by k-masaedesu
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31