「ほっ」と。キャンペーン

まさえです♪

masaedesu.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:視覚障害( 6 )

「視覚障碍者とつくる美術鑑賞ワークショップ」 in 東京都現代美術館

先月のコンサートでもお話しました、毎月開催されている「視覚障碍者とつくる美術鑑賞ワークショップ」。今月は22日に東京都現代美術館にて行われます。
私もスタッフとして参加します。みんなでじっくり、わいわい、美術作品を鑑賞しましょう。
皆さんのご参加をお待ちしています!


ーー以下、ご案内文ですーー

2014年6月22日(日)、東京都現代美術館(東京都江東区)「MOTコレクション特別企画クロニクル1995-」展にて、「視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ」を開催します。
「みえる」「みえない」に関わらず、どなたでも参加出来るワークショップです!参加希望の方はメールにてお申し込みください。
主催:視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ

【日時】
6月22日(日) 11時?13時

【展覧会】
東京都現代美術館
「開館20周年記念 MOTコレクション特別企画クロニクル1995-」
東京都現代美術館が開館した1995年は、阪神淡路大震災、オウム真理教事件などの大きな出来事が起こり、バブル崩壊後の社会不安が蔓延するなか、現在まで続く日本の文化的な流れの節目をなす年であるとしばしば指摘されてきました。
現代美術の分野でも、新しい表現が次々と生まれ、それらを支えるインフラも少しずつ整備されるなど、ひとつの時代の転換点であるとみなすことができます。
2部構成からなる本展示は、第1部で1995年前後に何が起こったかを、開館展の紹介も含め、収蔵品を中心に分析します。第2部では、1995年以降に活動を開始した作家たちの作品を、当館の若手作家コレクションを総括するものとして紹介していきます。1995年を起点とする歴史的な俯瞰図によって、当館の20年間の歩みを辿るとともに、現在進行形のシーンに対する視座を提示します。

(東京都現代美術館HPより抜粋)


【集合場所】
10:30 東京メトロ半蔵門線、大江戸線「清澄白河駅」A3出口方面改札をでたところ
※半蔵門線の場合は渋谷方面の改札です。大江戸線は改札はひとつしかありません。

【スケジュール】
11:00?12:40 複数名のグループに分かれて展示作品の中から数点の作品を鑑賞します。
12:40?13:00 グループで自由に好きな作品を鑑賞します。
13:00 解散
※14時から約1時間かけて美術館主催のギャラリートークが実施されます。
よろしければWS後に参加するのもオススメです。

【定員】
14名 参加方法:事前申込制

【参加費】
ワークショップ参加費 :一律 500円
(別途観覧料がかかります)

展覧会観覧料:一般 500円 大学生400円 高校生・65歳以上250円
中学生以下の方、障害者手帳をお持ちの方(付き添いの方2名)は無料

【お申し込み方法】
以下の項目を記入の上、メールでお申し込み下さい。
申込先:kansho.ws@gmail.com

1、お名前
2、メールアドレス
3、携帯電話番号(当日連絡先として)
4、視覚障害の有無
5、一般または学生の区分
6、今回のワークショップ情報をどちらでお知りになりましたか?
7、ワークショップに期待すること(楽しみにしていること)があればご記入ください。

【受付締め切り】
6月18日(水)
定員に達しましたら締め切りとさせて頂きます。

みなさまのお申し込みお待ちしております。

【視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップとは】
障害の有無にかかわらず、多様な背景を持つ人が集まり、言葉を交わしながら一緒に美術鑑賞をするワークショップです。さまざまな視点を持ち寄ることで、一人では出会えない新しい美術の楽しみを発見できるはず。誰もが気軽に美術館を訪れて、感じていることや印象、経験や考えを自由に語り合う、そんな美術鑑賞のスタイルを目指しています。

【参考リンク】
東京都現代美術館コレクション展紹介ページ

美術館アクセスマップ


主催:視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ
★Facebookページ

★ブログ

★ワークショップに関するお問い合わせ&お申し込みはこちらまで
  kansho.ws@gmail.com
[PR]
by k-masaedesu | 2014-06-06 22:38 | 視覚障害 | Comments(0)

「秋津駅・新秋津駅の乗り換え通路に点字ブロック敷設を実現するプロジェクト」のご紹介

先日のコンサートで、プログラムとともにある文面がお客様に配られました。今回はそのご紹介です。

通勤の際、JR線駅と私鉄駅との乗り換えで点字ブロックのない道を歩いている視覚障害の友人が、安全な歩行のために点字ブロックを敷設してもらいたいというプロジェクトを立ち上げています。
この道は5分ほどの狭い商店街ですが、点字ブロックを敷設するには安全上問題があるから敷設できないんだそうです。
え?安全のために敷設してもらいたいのに安全じゃないから敷設できないって、なんともおかしい話ですね?

詳しくは以下を読んでください。
そして、多くの協力してもらえる方々を求めています。
どうぞよろしくお願いします。

=====

秋津駅・新秋津駅の乗り換え通路に点字ブロック敷設を実現するプロジェクトの活動について・2014(平成26)年5月現在

西武池袋線の秋津駅とJR武蔵野線の新秋津駅の乗り換え通路には、点字ブロックが敷設されておりません。
大勢の乗降者が利用する交通アクセスの重要ポイントであるにも関わらず、そのような状態です。

当該通路は、踏切も近くにあります。視覚障害者が、曲がる方向を勘違いすると、そちらに向かってしまうこともあり、それはとても危険です。
これらの危険を回避し、安全に歩行するために、わたしたちは、秋津駅と新秋津駅の乗り換え通路に点字ブロックを敷設したいと考えて活動をしています。

2012(平成24)年5月に、東村山市のホームページにある「市長へのEメール」に、秋津駅と新秋津駅の乗り換え通路に点字ブロックを敷設していただきたいと要望しました。
これがこの活動の始まりです。

数週間後に、「秋津駅から新秋津駅に向かう道路は東京都が管理をする都道と市が管理する市道が交わっております。今後は東京都とも連携を図り協議してまいりたいと考えております。」という内容のお返事を東村山市の道路担当者からいただきました。

同年9月に東京都の道路担当者に、メールで当該通路における点字ブロック敷設のお願いをいたしました。

その後の東京との道路担当者からの回答は、都道では、誘導用ブロックの設置は、「視覚障害者誘導用ブロック設置指針」によるものとしています。誘導用ブロックの設置場所について、視覚障がい者が位置確認等のために立ち止まっても十分に安全な場所である歩道上とすることを定めたものです。
当該通路は、視覚障がい者が位置確認等のために立ち止まっても、十分に安全な場所である歩道がないので、点字ブロックは敷設できないのです」というものでした。

何度か東京都の担当者とやりとりをさせていただきました。
わたしたちは、「安全に歩きたいので、点字ブロック敷設を要望したい」と申し上げています。
道路担当者は「当該通路は、あなたたち視覚障害者が立ち止まった時に十分に安全な場所がないので、点字ブロックは敷設できないのです」とおっしゃるわけです。

この指針に記載されていることはあくまで原則です。
例外がたくさん存在しており、歩道がない道にも点字ブロックが敷設されている場所は多々あります。

道路担当者から既存の白線を工夫することで、点字ブロックの代替になるのではないかと提示していただいております。
そして近々、当該通路に凹凸のある白線が、30mほど試験敷設されることになりました。

今後について
わたしたちは、当該通路に点字ブロックが敷設できない理由には納得ができてはいません。
しかし、凹凸のある白線が視覚障害者の安全な歩行の一助として敷設されているケースは、全国的にみても少ないので、どれほど有効なのかは未知数です。
試験敷設される白線を、多くの視覚障害者に歩いていただき、ご意見をいただきたいと考えております。

このプロジェクトに関するご連絡は、下記のアドレスにお願いいたします。
そして、多くの人に、安全な歩行について、ご協力いただければ幸いです。
どうか宜しくお願いいたします。

秋津駅・新秋津駅の乗り換え通路に点字ブロック敷設を実現するプロジェクト

aki-aki@mf-eye.com
[PR]
by k-masaedesu | 2014-05-28 23:14 | 視覚障害 | Comments(0)

見えなくても美術鑑賞

今年から新しいことを始めます。
「視覚障碍者とつくる美実鑑賞ワークショップ」のメンバーとして、見える人見えない人一緒に美術鑑賞をします。
もともとは参加者として楽しんでました。ひとつの作品をみんなでじっくり鑑賞…、絵の説明を聞くというより印象や感想を言いたい放題。見えない人はそれを聞いてイメージを膨らませます。最近は「いどばた鑑賞」とも呼んでます。
みんなでワイワイやりながらの鑑賞が楽しくて、遠い存在だった美術館に親しみを覚えてきました。

3月10日、上野の東京都美術館で私も参加する美術鑑賞プログラムがあります。
「トーク∞トーク見える人と見えない人の鑑賞プログラム」
一緒に鑑賞体験してみませんか?

詳細・申し込みはこちらです。
障害のある方のための特別鑑賞会|東京都美術館

2月に行うメディア芸術祭でのワークショップ開催のお知らせもこちらから読んでくださいね。
「視覚障碍者とつくる美術鑑賞ワークショップ」のブログページ
[PR]
by k-masaedesu | 2014-01-28 00:47 | 視覚障害 | Comments(0)

スーパーで点字探し

 今月から25年度の点字講習が始まりました。一般の人向けの点字講習の講師を始めて5年目、毎年様々な方達が興味を持って受講してくださいます。
 初回は点字を身近に感じてもらうため、スーパーで売っている商品で点字の書いてある物を読んでもらいました。

・アルコール類の缶に「おさけ」と書いてあるのは、わりと知られてるでしょうか。
・オリーブオイルやゴマ油等、油の瓶のふたにも「あぶら」と書いてある物があります。
・それからキューピードレッシングの瓶には2箇所に「キューピー」「ドレ」、アヲハタジャムの瓶にも「ジャム」や「アヲハタ」と書いてありますね。
・その他ソース、ケチャップにも。でもケチャップは前回難しかったので今年はやめました。

 徐々に点字が書かれた商品が増えてきているのでうれしいです。でも本当は、「あぶら」よりも「ゴマ」とか「オリーブ」、「ドレッシング」よりも「フレンチ」とか「イタリアン」の方が知りたいんですけど…。そこまではコスト的に無理と言われるのでしょうかね?
 私が探した中で唯一商品名が点字になっていたのは、C1000ビタミンレモン。瓶の2箇所に「シーセン」「レモン」と書いてあります。
 皆さんはご存知でしたか?他にも点字の書いてある商品があったら、ぜひ教えてください!
[PR]
by k-masaedesu | 2013-05-20 23:01 | 視覚障害 | Comments(0)

母校にも点字ブロック

 先日武蔵野音楽大学の卒業生演奏会を聴きに行ってきました。江古田キャンパスは今後建て替えられるそうなので、現校舎を懐かしみたくなったのでした。
 古い建物独特のにおいが懐かしい…、狭いけれども歴史あるこの校舎群が好きでした。

 大学とセットで思い出されるのが先代アイメイトのナイル。アイメイトと歩くようになったきっかけが、失明後大学に入って通学や移動が大変だったからです。
2年生の2学期から卒業まで、いつも一緒に講義やレッスンを受けていました。もちろん校舎の中もいつも一緒に歩いていたので、今再び歩くとナイルとの思い出もよみがえります。
そんなこととは知らずテスは横でちゃんとお仕事してくれてるので、ちょっと後ろめたい気持ちです。

 古い建物は通っていた頃のままですが、廊下がちょっと変わりました。真ん中にぼこぼこしたものがあります。あら、点字ブロックです。
 廊下の真ん中に線状のブロック、出入り口や階段、トイレ等の要所要所にはちゃんと点状のブロックが敷設されています。ちなみに縦線の線状ブロックは移動の方向を示し、丸い点々の点状ブロックは注意を促す役割です。
ここが階段、ここがトイレとわかる完璧な設置をしてくださってうれしいです。ありがとうございます!

 まあ欲を言えば、2人幅くらいしかない狭い廊下は方向を間違えようがないので不要な気もします。必要ない人にはかえって歩きづらそうなので、要所要所の点ブロック、それと外部の人用に入り口から受付までの線ブロックぐらいで。
むしろ校門からベートーヴェンホールまでの屋外の線ブロックの方が必要なのではないでしょうか。広い空間こそ建物までの方向を示すものが必要でしょう。

 建て替えには数年かかるそうです。ちょっと寂しいですが、どんな校舎になるのか楽しみです。
[PR]
by k-masaedesu | 2013-03-26 23:04 | 視覚障害 | Comments(0)

視覚障害の方へ 運動の勧め

 2013年も3分の1がすぎました。今日は私のアイメイト、テスの6歳の誕生日です。ワン、ワンワン!
 そしてブログ開設から1ヶ月、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
 今年もやりたいことがいくつかあります。たくさんの人とも出会って刺激を受けたいです。
 年頭にあたって、今年の目標を立てる人もいらっしゃるでしょう。まだという人には、体力作りというのはどうでしょうか?
 視覚に障害があるとどうしても機敏に動けません。歩くのもゆっくりで、足腰の筋力がおとろえがちだと思います。医学が進歩して内臓を治す薬はよくなっているそうですが、足腰の筋力は自分で鍛えないといけないそうです。
 私は5年ほど前からエアロビクスをやっています。視覚障害女性数人集まり、先生に文字通り手取り足取り教えていただきながら音楽に合わせて体を動かしています。
 中・高と文化部だった私は今まで運動というものをやったことがありませんでした。20代で早くもヘルニアになり、常に腰痛に悩まされていました。
 30代で始めたエアロビクス、始めはひどい筋肉痛、腰にも負担がかかって余計に痛くなってぎっくり腰にもなりました。でも続けていくうちに背筋がつき、腰痛がなくなりました。やった!
 エアロビクスをした翌日は体がまっすぐ上に引き上げられている感じで、姿勢がよくなります。筋肉痛にもあまりなりません。ピアノを弾く時も姿勢や筋肉のことを考え、弾きやすくなったと思います。継続は力なりを実感しています。
 音楽に合わせて体を動かすのって楽しいですよね。ジャンプもしますが、これが楽しいんです。思いっきり高く飛び上がると、子供の頃の無邪気な気持ちを思い出します。普段の生活では大人はジャンプしませんから、ここぞとばかりに楽しみます。
 運動で汗をたくさんかくと気持ちいいですね。お肌もすべすべ。30代で初めて気づきましたが、これって皆さん常識なんでしょうか?
もともと体力がないので、まだまだ完璧にはできません。足も上がらないし片足で立てないし・・・。時々ずるして筋トレの回数をごまかします(笑)。でも運動はメンタル面にもいい影響がありますね。心も体もゲトックスです。
 エアロビクスは毎週1回平日の夜、豊島区付近で先生をお呼びして行っています。視覚障害をお持ちの女性で興味のある方、ぜひ1度試しにいらしてみてください。メッセージやコメント(承認制なので公開にはなりません)でお知らせください。お待ちしています♪
[PR]
by k-masaedesu | 2013-01-11 22:10 | 視覚障害 | Comments(0)

アイメイト(盲導犬)と暮らしています。アイメイトや音楽を通して思うこと、時々行うピアノコンサートのお知らせを書いていきます♪


by k-masaedesu
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30