まさえです♪

masaedesu.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

駅での出来事

 アイメイトと歩くようになって13年、電車で外出する時につくづくありがたいなあ、と思うことがあります。

 ひとつは空いている席に座れること。
 白杖で1人で乗っていた頃は空いている席が分からなかったため、たいていはドア付近に立っていました。今はテスが探してくれて、空いている座面に頭を乗せて教えてくれます。疲れている時は本当にありがたいです。

 もうひとつは混雑した駅構内でも安心して歩けること。
 以前は人や物にぶつからないよう、迷わないように神経を集中して歩いていたのでとても気疲れしました。今は乗降客数全国1位、2位の駅での乗り換えも、テスが人ごみを避けながら上手に誘導してくれます。
私はただ分岐点で止まるテスに、方向や会談、エスカレーター、改札等を指示するだけです。考え事をしながらでも半分眠っていても目的の改札に行かれるなんて、以前では考えられませんでした。本当に楽になりました。

 でもいくらテスががんばってくれても事故は起こります。はい、私のせいです。
 先日忘年会の帰り、電車に乗ろうとして足を踏み出したらそこは空間でした。そして電車とホームの間に片足が落ちました。イタタタタ!
 アイメイトと電車に乗る時は、まずアイメイトにドアを探させます。アイメイトはドアの手前、ホームのへりに止まるので右足でへりを確認します。それから電車に乗りますが、半歩先に乗ったアイメイトのハーネスの傾き方でドアまでの距離や高さを判断して、足を出します。最近の駅、特に地下鉄は電車とホームが密着しているので、すぐにドアのへりを確認できてスムーズに乗れます。
 その日もテスは上手に誘導してくれたにも関わらず、お酒を飲んでいたせいか足がドアに届きませんでした。右足を先に出すはずなのに、落ちたのは左足。正直あまり詳細は覚えてなく、ただただ恥ずかしさと情けなさでいっぱいでした。
 別の電車に乗り換える時、テスはとても慎重にドアへ誘導してくれました。こんなに気遣ってくれるテスに、感謝とともに申し訳ない気持ちです。
 今も左のひざの両脇と内くるぶし、上腕が痛いです。アイメイトがよい仕事をしているのに使用者がこれではいけませんね。反省しています。
 お酒を飲む機会が多い年末年始、アイメイト使用者の人は飲酒運転に気をつけましょう(笑)。他の皆さんもどうぞお気をつけて、よいお年をお迎えください!
[PR]
by k-masaedesu | 2012-12-30 18:03 | アイメイト

犬も音楽が分かるみたい

 先日のコンサートの時にお話した話題です。
 最近、犬も音楽がわかるんだな、と思いはじめました。そのいきさつを書きます。
 私のパートナー、アイメイトのテスはいびきがとても大きいんです。クラシックのコンサートでは目立つので気をつかいますが、先日ある曲になったとたんにピタリといびきが止まりました。
 その曲は、最近家でよくCDを流していたラフマニノフのピアノ協奏曲第2番。それまで寝ていたテスが、「聞いたことあるなあ」と目を覚まして聞いている感じでした。
 そんなことがあった後、初代パートナーのナイルが悪性腫瘍のために時々痛みにふるえていると聞き、ピアノ曲のCDを贈りました。犬も音楽が分かるなら、これを聞いて少しでも痛みが和らいでくれればいいなと思ったからです。
 自己満足とは思いましたが、かつて一緒にステージに上がって演奏した曲を中心に心休まるものを選びました。「悲愴ソナタ」の第2楽章やショパンの「ノクターン」、私の好きなフィンランド物では、シベリウスの「樅の木」やパルムグレンの「星はまたたく」等々。
 ナイルのお宅では、わざわざリビング用にプレイヤーを購入してくださったそうです。CDを流すと反応して、終わると頭をもたげて、まるで「もう1回」と催促しているようだったといいます。
 ある時はプレイヤーの方に頭を向けて寝ていたとのこと、自力で体勢を変えるのが難しくなった彼女のこの行動は驚くべきことだったみたいです。
 ナイルの最後にピアノの音色を聞かせて安眠できたのか、よかったか悪かったかは分かりませんが、私のせいでピアノの影響を大きく受けていたことは確かですね。
 今はピアノを弾いているそばにテスがいます。美しい音色と響きにテスがリラックスできるよう、これからもがんばって練習していきます。
[PR]
by k-masaedesu | 2012-12-28 00:04 | 音楽

夢枕・・・?

前回のコメントにも書きましたが、ナイルが旅立った同じ頃大変お世話になっていた方がお亡くなりになりました。
もう細かくは書きませんが、この数日間よく泣きました。
「今頃はナイルと一緒にいるかしらね」 奥様とこんな会話ができたのがせめてもの救いでした。

そんな1夜が明けて、今朝目覚めてふとんの中でまどろんでいた時のことです。
昔の記憶をパッと思い出した時のような感覚で声がしました。
聞こえたというよりかは、感じました。あのおじちゃんの気配とともに。

「ナイルいなかったよ。どこかに行っちゃったんだって。」

そんなようなことを言っていました。
とても落ち着いた、穏やかな声でした。

今日1日誰かに話そうとしましたが結局躊躇したので、ここに書きました。
夢、それとも妄想・・・?
不思議な感覚でした。
[PR]
by k-masaedesu | 2012-12-20 23:56

アイメイトだったナイルに感謝をこめて

「ナイルが死んじゃったー!」
 泣きながら電話してきたママさんの声は一生忘れないでしょう。
 私の最初のパートナーだったナイルが12月16日夜9時頃、静かに逝ってしまいました。1997年5月29日生まれの約15才7ヶ月、人間でいうと110才くらいになるそうです。

 ナイルはリタイア後横浜で暮らしていました。今年1月に悪性腫瘍を手術したそうですが、9月に口腔内の腫瘍も悪性に変わり、年齢を考慮して手術はせず、ご家族で明るく穏やかに見守っていく覚悟をされたそうです。
 12月2日両親と3人で会いに行った時が、ナイルのぬくもりを感じられた最後の日になりました。

 盲導犬(私達はアイメイトとよんでいます)使用者の多くがそうであるように、私もナイルと出会って人生が変わりました。今の私があるのはナイルのおかげです。
 安心安全に歩けるようになったことは言うまでもありません。ナイルを通して世界が広がり、たくさんの人と知り合い、感謝、愛、いつくしみ、やさしさ、チャレンジする楽しさ、その他たくさんの大切なことに気づかせてもらいました。

 2日の時、今までの感謝とねぎらい、お別れの気持ちをこめて何度も頭をなでました。ナイルは分かってくれたのでしょうか、右目から涙をひとすじ流していたそうです。

 だんだん流動食になり、16日には食事ができなくなり、ペーパータオルで水分をあげていたそうですが、ご家族でテレビを見ていた時にいつの間にか息を引き取っていたそうです。
 ご家族がそろっている時にそっと逝ったナイル、最後までいい子でした。

 そして今日、火葬のため最後のお別れをしてきました。冷たくなったナイルはとてもやせていましたが、毛並みはきれいでした。
 火葬後私が見えないということを配慮してくださり、ホールの担当者の方がお骨の1部を手に乗せて触らせてくれました。人間と同じでちゃんとのど仏もあるんですね。
 15才にしては骨がしっかりしていたみたいです。ママさんの献身的なケアのおかげです。

 ナイルはリタイア後もみんなから愛されていたのがよく分かりました。たくさんのお花が届いていました。ナイルにも皆さんにも感謝の気持ちでいっぱいです。
 お疲れ様、そしてどうもありがとう!またいつかどこかで会えるといいね!!
d0285987_0332045.jpg

[PR]
by k-masaedesu | 2012-12-19 00:34 | アイメイト

12月9日コンサートのお礼

 12月9日埼玉県狭山市にて、さやまのペンギン村しゃべりばサロンクリスマスコンサートをさせていただきました。寒い中いらしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。
 アットホームな雰囲気で、楽しくコンサートができました。今回アイメイト募金箱を置いていただきましたが、予想以上に集まったそうで大変感謝しています。
 今ちょうど先代アイメイトのナイルが病気なので、リタイア犬のお話もさせていただきました。後でリタイア犬を引き取りたいと申し出てくださった方がいましたが、ぜひとも協会へご一報願います!

 プログラム最後の弾き語りは始めての経験でした。コンサート1週間前にナイルの最後が近いことを聞き、ぜひとも皆さんに盲導犬使用者がどんな気持ちでアイメイトを思っているか、聴いてほしく曲を変更しました。
 未熟な出来でお恥ずかしい…、どうぞ作者である加藤紫乃さんの声で、オリジナルを聴いてください♪

 「L'azure」 加藤紫乃作詞・作曲


[PR]
by k-masaedesu | 2012-12-13 22:23 | 音楽

プロフィール

 高橋雅枝(たかはしまさえ)
 中途失明で企業を退職し、その後都内盲学校音楽科を経て武蔵野音楽大学に入学。在学中からアイメイト(盲導犬)と歩行。現在2代目テスと学校での啓蒙活動や各自治体依頼等による公民館等での演奏活動を行う傍ら、パソコン教室・点字教室の講師としても活動しています。アイメイト・チャリティー・コンサートでは皇族の御前にて演奏。
 クラシックの他にポップスユニットのキーボードを担当する等、ライブ活動も行っています。

好きな音楽… シベリウスやパルムグレン等、フィンランドのピアノ小品。
やってみたいコンサート… 昼下がり、会場を真っ暗にして演奏曲からのイメージを広げていただく。またはひたすらお昼寝して、心身をリフレッシュしてもらえるようなコンサート♪拍手はなしで。d0285987_21594972.jpg
[PR]
by k-masaedesu | 2012-12-11 00:18

アイメイト(盲導犬)と暮らしています。アイメイトや音楽を通して思うこと、時々行うピアノコンサートのお知らせを書いていきます♪


by k-masaedesu
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31